tl_kodawari1

kodawari01

「自分が住んでいる地域で採れた食べ物を食べよう」という考え方が地産地消。近くでつくっているから新鮮で、水分たっぷりの一番美味しい時期に食べることができるよ。また地元の食べ物を食べることは運ぶ距離が短くすみ、輸送中に出る排出ガスも少なくなる。これも地道なCO2 削減 への貯金だね。

tl_kodawari2

kodawari02

薪にすると密度が高く、燃やした時に木の香りがいい広葉樹でピッツァを焼き、着火しやすい針葉樹を最初の焚き付け用に使っているよ。どちらも奥河内産の間伐材を再利用。ただ捨ててしまわずに森林伐採の有効活用化へ少しでも協力したい、そんな想いをこめてピッツァを焼いているんだ。

tl_kodawari3

kodawari03

ガスでデジタル化された石窯ではお家のオーブンと同じ、石窯PIZZA ANTHONYではピッツァ職人が薪と石窯で一枚一枚丁寧に焼き上げている。超アナログだけど、熱の動きを直に見ながら焼き上げることで、表面はパリッ、なかはモッチリとした、水分を閉じ込めたおいしさにつながっていくんだ。

itiranbtn